環境社会貢献活動

ISO14001の取り組み

SDGs_ttl
sdg_icon_01_jasdg_icon_02_jasdg_icon_07_jasdg_icon_11_jasdg_icon_12_jasdg_icon_13_jasdg_icon_14_jasdg_icon_15_jasdg_icon_17_ja

ご当地WAONの取り組み

全国どこでご利用いただいても、ご利用金額の一部が地域の活性化に活用されます。

北海道遺産WAON

【ほっかいどう遺産WAON】

「NPO法人北海道遺産協議会」に寄付され、北海道各地にある宝物を次の世代に引き継いでいく活動に役立てられます。

創造都市さっぽろWAON

【創造都市さっぽろWAON】

札幌の夏を彩る音楽イベント「PMF(パシフィック・ミュージック・フェスティバル)」や札幌市の全小学校6年生を札幌コンサートホールに招待する「Kitaraファースト・コンサート」、小学生を劇場へ招待しミュージカルの感動を届けるプロジェクト「こころの劇場」の札幌市内公演の一部などに活用されます。

はこだてWAON

【はこだてWAON】

子育て応援ハンドブック「すくすく手帳」の発行や児童館の備品整備などの子育て支援事業に活用されます。

とまチョップWAON

【とまチョップWAON】

地域の共通ポイント(とまチョップポイント)機能を活用したWAONカードで、苫小牧市の地方創生の取り組みに活用されます。

あさひかわWAON

【あさひかわWAON】

旭山動物園の魅力向上と、中心市街地のにぎわい創出による地域経済の活性化のための取り組みに活用されます。

雪ミクWAON

【SAPPORO❆雪ミクWAON】

さっぽろ雪まつりをはじめとした札幌市の観光振興に活用されます。

とかち帯広WAON

【とかち帯広WAON】

帯広市の子育て支援と、教育環境や動物園の充実を目的とした「輝くこどもたちと夢いっぱいの動物園の応援」に活用されます。

とかち帯広WAON

【くしろWAON】

子どもたちの文化・スポーツの振興と育成、タンチョウや阿寒湖のマリモなどの自然環境保護、釧路市動物園の環境整備に活用されます。

ご当地WAONカード寄付実績

1.ほっかいどう遺産WAON(2011年7月28日発行)
2011年度 302,340円
2012年度 1,225,018円
2013年度 1,699,966円
2014年度 2,368,534円
2015年度 2,716,772円
2016年度 2,962,943円
2017年度 2,677,885円
2018年度 2,476,309円
累計 16,429,767円
2.創造都市さっぽろWAON(2014年3月1日発行)
2014年度 894,689円
2015年度 1,503,087円
2016年度 1,802,632円
2017年度 1,590,586円
2018年度 1,523,091円
累計 7,314,085円
3.はこだてWAON(2014年10月9日発行)
2014年度 62,031円
2015年度 367,343円
2016年度 568,333円
2017年度 510,172円
2018年度 497,221円
累計 2,005,100円
4.あさひかわWAON(2015年3月5日発行)
2015年度 351,954円
2016年度 476,419円
2017年度 453,374円
2018年度 500,728円
累計 1,782,475円
5.とまチョップWAON(2016年8月2日発行)
2017年度 216,162円
2018年度 203,877円
累計 420,039円
6.SAPPORO❆雪ミクWAON(2017年2月6日発行)
2017年度 238,493円
2018年度 432,851円
累計 671,344円
7.とかち帯広WAON(2017年10月13日発行)
2018年度 338,470円
SDGs_ttl
sdg_icon_01_jasdg_icon_02_jasdg_icon_03_jasdg_icon_04_jasdg_icon_05_jasdg_icon_07_jasdg_icon_08_jasdg_icon_09_jasdg_icon_10_jasdg_icon_11_jasdg_icon_12_jasdg_icon_13_jasdg_icon_14_jasdg_icon_15_jasdg_icon_17_ja

植樹活動の取り組み

農業、とりわけ稲作に欠かせない水資源を安定的に確保するため、植樹活動を通じて森林が本来持つ水源涵養機能(※)の回復を目指し、人々を守り、産業を支える森林を育み続けています。
2019年度より2ヵ年計画で、2016年8月に発生した台風10号に伴う大雨で、甚大な被害が発生いたしました「南富良野町」で植樹を実施いたします。

※ 水源涵養機能(すいげんかんようきのう)…森林の土壌が、降水を貯留し、河川へ流れ込む水の量を平準化して洪水を緩和するとともに、川の流量を安定させる機能。

SDGs_ttl
sdg_icon_12_jasdg_icon_13_jasdg_icon_14_jasdg_icon_15_jasdg_icon_17_ja

イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン(イオン・デー)

イオングループでは「お客さまを原点に平和を追求し、人間を尊重し、地域社会に貢献する」という基本理念のもと、かねてより企業市民として地域のお客さまとともに様々な環境保全活動に取り組んでまいりました。
2001年8月にジャスコ株式会社からイオン株式会社へと社名変更したことを機に、毎月11日を「イオン・デー」と制定、基本理念の道しるべである“日々 のいのちとくらしを「夢のある未来へ」”という「イオン宣言」を地域社会に具現化すべく「エコロジー(環境)と「ローカル(地域還元)」をテーマに、全従 業員が地域への貢献活動を行う日としております。

毎月11日の「イオン・デー」に実施している「イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」は、レジ精算時にお渡ししている黄色いレシートを、地域のボラ ンティア団体名等が書かれた店内に設置している専用ボックスへ投函していただきます。投函していただいたレシートのお買上げ合計金額の1%に相当する品物 をボランティア団体等へ寄贈させていただくものです。マックスバリュ北海道では、寄贈先を募集しております。詳しくは、サービスカウンターまでお問合せ下さい。

毎月11日の「イオン・デー」に実施している地域のボランティア活動「クリーン&グリーン活動」は、未来へ繋ぐより良い環境のため、店舗と本社の周辺地域や公園等の清掃活動を実施しております。毎年10月の3R月間には、各地域で活動を拡大して実施しております。2018年度は約600名が豊平川の河川敷の清掃を実施しました。

SDGs_ttl
sdg_icon_01_jasdg_icon_02_jasdg_icon_03_jasdg_icon_04_jasdg_icon_05_jasdg_icon_07_jasdg_icon_10_jasdg_icon_11_jasdg_icon_12_jasdg_icon_13_jasdg_icon_14_jasdg_icon_15_jasdg_icon_17_ja

店頭リサイクル活動

店頭リサイクル回収は、お客さまに食品トレーや牛乳パック等をお持ちいただき、店頭に設置したボックスで回収、リサイクルをする会社に引き取ってもらい、資源として再利用する取り組みです。店頭に設置された専用の回収ボックスには毎日たくさんの資源が集まっています。回収された容器は再生トレーなどに新しく生まれ変わっています。今後もお客さまに呼びかけを行いながら進めてまいります。

SDGs_ttl
sdg_icon_12_jasdg_icon_13_jasdg_icon_17_ja

災害にあわれた人々や環境・福祉活動のための募金活動

災害にあわれた人々や環境・福祉活動に役立てていただくため、様々な募金活動を推進しています。中でもマックスバリュ北海道独自の募金活動として「北海道交通遺児のための募金」を平成2年(1990年)9月より店頭に募金箱を設置して継続的に実施しています。さらに、2018年度より、北海道の若者が海外への挑戦を応援する機会の創出と拡大を図ることを目的とした「ほっかいどう未来チャレンジ応援募金」を開始しました。毎月多くの募金をいただき、従業員一同お客さまからの善意にいつも感謝しています。

2018年度 募金実績

「平成30年7月豪雨」災害に対する緊急支援募金 3,500,276円
「平成30年台風21号」および「平成30年北海道胆振東部地震」緊急支援募金 2,221,462円
北海道交通遺児のための募金 1,878,714円
24時間テレビチャリティー募金 684,854円
ミャンマー学校建設支援募金 671,328円
インドネシア・スラウェシ島の地震・津波被災者に対する緊急支援募金 389,301円
障がい者ものづくり応援募金 280,796円
アジア障がい者支援募金 240,130円
ほっかいどう未来チャレンジ応援募金 221,873円
赤い羽根共同募金 142,374円
ユニセフセーフウォーターキャンペーン募金 105,235円
総 額 10,336,343円
SDGs_ttl
sdg_icon_03_jasdg_icon_04_jasdg_icon_06_jasdg_icon_08_jasdg_icon_10_jasdg_icon_11_jasdg_icon_17_ja

2018環境目標