マックスバリュ北海道の取り組み

地域に密着した食育活動の推進

2012年度より、次世代を担う地域のお子さまを対象に、野菜・果物摂取の大切さ、正しい食生活のあり方を知っていただくことを目的として「食育体験学習」を各店舗で実施しております。取り組み開始から6年目となり、2017年度は8店舗で444名のお子さまに参加いただきました。

成長を支える人材戦略

これからも成長し続ける企業であるためには「人材の育成」が最重要課題の一つです。当社はイオングループ内での教育プログラムに加え、社内でも専門部署を設置し、教育体制の強化に取り組んでおります。


改善活動「マイストア委員会」

フレンド社員(パートタイマー)で構成するマイストア委員会活動を各店舗で実施し、より地域に密着した店舗運営を目指しております。地域のことを熟知しているフレンド社員が地域の文化・習慣に合った商品や売場の改善活動について意見を出し合い、より魅力ある売場づくりの実現を目指しております。毎年「マイストア委員会」の活動発表会を実施し、取り組み事例を全店で共有しております。

「お客さまの声」お聞かせください

当社の店舗には、お客さまにご意見などのメモをいただくBOXを設置しています。お寄せいただくご意見、ご要望、お叱りは、店舗でお答えするだけでなく、定期的に幹部社員で内容の確認を行い、品揃えやサービスの改善に活かしております。
なお、ご意見は当社のホームページからもお寄せいただけますので是非ご活用くださいませ。

女性が働きやすく活躍できる会社の実現

当社は女性が働きやすく活躍できる会社の実現を目指し、女性管理職の育成・登用についても積極的に取り組んでおります。女性活躍推進法に基づき、5 つの評価項目(「採用」「就業継続」「労働時間等の働き方」「管理職比率」「多様なキャリアコース」)において、優良な取り組み実績が認められた企業に対して厚生労働大臣から交付される「えるぼし」認定マークを取得いたしました。当社は、上記5 項目中「採用」「労働時間等の働き方」「管理職比率」の3 項目を満たし、「就業継続」「多様なキャリアコース」の2 項目も数値改善しており、「えるぼし」の3 段階中の2 段階目の認定マークを取得いたしました。
今後は、すべての従業員がワークライフバランスを重視した働き方ができる会社風土の醸成に取り組み、「えるぼし」最高位である3 段階目の認定を目指してまいります。
【女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画はこちら

子育てする従業員が働きやすく活躍できる会社の実現

当社は、子育てをする従業員が働きやすい環境づくりを推進しております。具体的には、育児休暇の取得促進、育児勤務制度の見直しや、年次有給休暇取得の推進を実施してまいりました。
2018年4月、厚生労働省北海道労働局より「次世代育成支援対策推進法」に基づく「子育てサポート企業」に認定され、厚生労働大臣認定の次世代認定マーク「くるみん」を取得いたしました。
【次世代育成支援対策推進法に基づく一般事業主行動計画はこちら

従業員のワーク・ライフ・バランスの実現

当社は、従業員のワーク・ライフ・バランスの実現に向けて取り組んでおります。札幌市で実施しているワーク・ライフ・バランスに積極的に取り組む企業を認証する「ワーク・ライフ・バランスPlus企業認証」を2018年6月に取得いたしました。今回は3ステップあるうちの最高レベルステップ3の認証を受けました。認定の基準は札幌市が定める取り組み項目のうち、一定基準の取り組みを実施している事、次世代育成支援対策推進法(くるみん)・女性活躍推進法(えるぼし)に基づく一般事業主行動計画を策定し届け出ている事、労働関係法令に基づく最低基準を上回る制度を規定し取り組んでいる事(当社取組:中学校就学前まで育児勤務を取得することが出来る)となっております。